I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

フォローしよう!

11/6/2018

11/3(祝日の土曜日)

毎年秋に開催しているASA・川鶴FC親子サッカー大会で、たくさんの協賛品を頂き、

大会を盛り上げて頂いているASA霞ヶ関さんが、この度、10月の3連休後に東京国際大学

そばの店舗から、川鶴FCエリアのど真ん中、川鶴地区吉田新町へ移転された。

(写真は、新店舗と5年生が東上線沿線大会に出場を決めたのでその集合写真)

ASA霞ヶ関のH社長と知り合ったのは、今から8年前。

狭山市内で開催された第1回朝日新聞オータムカップの懇親会会場だった。

当時、まだ少年サッカーと朝日新聞の関係がこれからの時に、近所同士という事もあり、

支援をお願いし、現在に至る。

今年のオータムカップは9月に雨の中、4年生大会として開催され、川鶴FCは第1回から

連続で参加させて頂き、大変有意義に過ごさせて頂いた。狭山市内のチームがメインの大会

であるが、各チームの指導者の方々とも交流が深まっている事が嬉しい。

平成30年も残り2ヶ月、でも、まだまだ大きな大会が控えている。

10/30/2018

10/28(日)

前日の雨とは違い、朝から秋晴れ。スクール21カップ西部地区予選の2日目でいざ出陣。

いつもの霞ヶ関カントリークラブ、サイボクハムを抜けて、下広瀬グランドに到着。

このグランドに初めて来たのは、今から18年前、武蔵野ジュニアで準優勝できて良い思い出がある。

さて、午前中の初戦・・・。

相手の気迫に押され、紙一重、薄氷を踏む、首の皮一枚、命からがら等々の言葉で表わすような試合。

たっぷりと3試合分くらいの疲労感。試合後は、全く勝った感じのしない、無言のお通夜状態で終了。

試合を振り返ると余計に疲れるので、 「仕方ない!次!次!」で昼食(頭と体の切替え)

午後の決定戦、開始早々に指導者20年間で見た事が無いような事が起こり、すぐ失点。

普通なら試合後に、あの失点が無ければ・・・、とか やっぱり県大会の予選は何かが起こる・・・とか

色々な話になるところ・・・だが、前半にPKとセットプレーで逆転、後半は怒涛のような攻撃で終わって

みれば大量得点での快勝。

ここは、川鶴地区から行くと、同じ狭山市の新柏原グランドよりもっと奥の根岸交差点を過ぎた下広瀬

グランド(昔は根岸グランドとも言っていた人が居た)である。

魔物=緊張=欲という図式らしい。普通の大会は勝ち抜けば、優勝、しかし、県大会予選は勝ち抜けば

県大会...

10/9/2018

10月の3連休、初日は私用で名古屋日帰り、2日目は自宅の壁紙張り替え(コキ使われた)

そして最終日は、川越市民体育祭で川越運動公園陸上競技場へ。

私が市民体育祭で初めて陸上競技場に行ったのは、今から17年前、冷たいどしゃぶりの雨の中、

準決勝を高階イレブンスさんと戦い、ボコボコにされて終了した。あっという間に第3位。

あれから17年、相変わらず、市民体育祭はこの時期に陸上競技場で準決勝・決勝を戦う方式に

変わりなし。今回、あの時と違う事は、私はベンチ入りしないでスタンド応援、天気に恵まれている、

やたらと川鶴FC関係者が多くて、出場選手達の弟や妹達(要するに幼稚園以下の子供達)が大挙して

集まり、子守りなのか応援なのか・・・、やっぱり陸上競技場での市民体育祭は、お天気が最も重要。

指導者達は朝から始まった県大会仕様のマネージャーズミーティーングなどが、スタンド下で行なわれて

いて、今までと違いバタバタと混乱していたようだが、スタンドでは小さい子がコンクリートの通路に

頭を打ち付けて大泣きして混乱、既に試合前からグランドレベルもスタンドレベルもヒートアップ、

少なくても17年前は、まだまだノンビリしていたように思う。

川越市内で、年に1回のクラブチーム、少年団チームの直接対決。

朝、8:30にスタンド到着、15...

5/22/2018

土曜日に埼玉スタジアムでのC級リフレッシュ研修会に行ってきた。

JFA現在のテーマは標題の通り、最初にC級を取得した時は「たくましくクリエイティブな選手の育成」

最初のとき、随分抽象的で分かりづらいテーマだったのが10年以上経って、はっきりしたテーマだと感じる。

<守備>

・闘える選手の育成 ・チームのために汗をかける選手の育成 ・激しさ(球際)→本気で奪う

<攻撃>

・プレースピード ・パススピードを上げる ・コントロールからパスまでを素早く

外国からは

「日本人はシンプルなつまらない練習が不足しているのではないだろうか?」との疑問を持たれているらしい

以上をU-12年代でしっかりと植え付ける事が重要らしい。

諸外国(特に欧州や南米)は、もっと上の事を考えているような気がするけど、6月W杯ではっきりするかな。

Please reload

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Please reload

最新記事
タグから検索
特集記事

ウィークエンドライフ ASA霞ヶ関

11/6/2018

1/10
Please reload

ブログ

 

川鶴FC